マルチデバイスのグループウェア

バナー

マルチデバイスのグループウェア

グループウェアは、当初はパソコンで利用することを前提にして作られました。

多くの製品はパソコンで利用できるようになっていますし、やはりパソコンでアクセスしている企業が多くあります。

しかしながら、現在のビジネス環境ではスマートフォンやタブレットも重要なものとなってきています。

拠点を多く持っている企業や、外回りでの仕事が多い業種などの場合、パソコンよりもスマートフォンやタブレットで情報を共有できる方が良いでしょう。


最近では多くの製品がスマートフォンやタブレットにも対応していますが、全てではありません。


外出先からアクセスしたり、あるいは自宅からアクセスしたりすることを前提として考えるのなら、マルチデバイスのグループウェアを選ぶようにしましょう。



スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に対応した製品は多くありますが、まだ新しいということもあって機能は様々です。

OKWaveに関する情報の一覧です。

たとえば、スケジュールを登録しておけばリマインダーが働いて、少し前に知らせてくれる機能があるものもあります。
また、対応している端末についても違いはあります。

すべての端末に対応しているものを選ぶのは良い方法です。
たとえば、ブラウザがあればどの端末からでも利用できるグループウェアなら、パソコンだけではなくてスマートフォンやタブレットからもアクセスできます。

自社で利用する形態に合わせて、必要な機能でグループウェアを選んでいくことが必要です。