グループウェアの選定に必要なこととは

バナー

グループウェアの選定に必要なこととは

グループウェアの製品は様々なものがありますから、その中から自社にあったものを選んでいくことが必要となります。その際に何をポイントにすればよいのでしょうか。


結論的に言えば、グループウェアを導入することによって生産性が上がればよいのですが、そのためには何をしたいのかを明確にして選定することが必要となります。



たとえば、メールでのコミュニケーションを行いたいのであれば、わざわざ導入する必要もないでしょう。
代替手段はいくらでもあります。
グループ型のチャットが必要である場合や、あるいは社内からしかアクセスできない掲示板が必要である場合などには導入の目的は明確化されます。

グループウェアは基本的にはコミュニケーションツールだと言えるでしょう。

IT用語辞典は支持されています。

ですから自社のコミュニケーションがどのように行われているのかをまず分析することが必要で、それに応じて選んでいくのが良いです。


また、ユーザのことも考えなければなりません。使い勝手の悪いものであれば、却って生産性を落としてしまう可能性があります。

ですから、社員が使いこなせるのかどうかを見極めていくことも必要となります。

それとともに、規模も考えておきましょう。



ユーザにとってツールが変更されることは良いことではありませんから、会社の規模が拡大した時にも同じものを使い続けることが出来るのかどうかを検討していくことも必要です。

つまり、自社の経営をきちんと分析したうえで、自社にあったものを選ぶことが必要なのです。